2013年度「グローバル人財プレップ・スクール」東京 受講生募集!

「円高」「TPP」「尖閣・竹島問題」――今、私たちの国・日本は様々な国際問題を抱え、苦悶しています。その一方でインターネット化は個人が持つ力を極めて大きなものとし、ソーシャル・メディアがその傾向を加速させています。

そうした中で「国家なんていらない。外交なんていらない」としばしば語られています。果たして本当なのでしょうか?――いわゆるグローバル化が進めば進むほど、実は個人とグローバルの間をつなぐ「国家」が果たす役割は益々大きくなるのです。同時にこれまでどおりの閉じられた「国民国家体制」を前提とした知見だけで新たな国家を運営することも不可能なのです。

キーワードは「金融資本主義」。これをベースに元外交官が教える外交官・国際公務員・国家公務員キャリア志望者が真に求められるグローバル人財となるための全く新しいインカレ・スクールを開講します!

講師:RIJAG代表理事/IISIA代表・
原田武夫からのメッセージ

講師について詳しくはこちら

「グローバル人財プレップ・スクール」とは



一般社団法人日本グローバル化研究機構(RIJAG)が、株式会社原田武夫国際戦略情報研究所(IISIA)と共催で開催する大学生・大学院生を対象とした無償のスクールです。
「情報を正しく選択し、それを的確に解釈することで“意味”を見出し、さらにはこれを将来に向かって照射していくことで自らの進むべき道をあらかじめ描いていき、実際にそれに向けて歩み出すことの出来る能力」。「グローバル人財プレップ・スクール」ではこの“情報リテラシー”(information literacy)を学びます。
また、外交官や国際公務員、国家公務員(キャリア)として官民問わず関係者と協力していく上では様々な能力が求められます。当スクールでは金融・経済・政治・外交・マーケット・古今東西の歴史などについて集中的に学び、単なる詰め込みではなく物事を深く分析する力や「グローバル人財」が身につけるべき立ち居振る舞いなども含めて徹底指導を受けることが出来ます。

去年の「グローバル人財プレップ・スクール」の様子を見たい方はこちら
2012年度 RIJAG IISIA 社会貢献事業報告書

  1. 同じ志を持つ仲間と切磋琢磨する環境
    自分とは違う大学の受講者たちが、同じ志のもと互いに切磋琢磨しながら学べる
    インカレ・スクール。他では得られない刺激と貴重な経験を積めます。
  2. IISIAオリジナルのeラーニング・プログラムを無償で受けられる! IISIAが法人様だけにご提供しているオリジナルのグローバル人財育成eラーニング・プログラム「グローバル・ステップ」(有料)を受講生に限り無料で提供します。
  3. 受験に向けたアドヴァイス/チュートリアルを元外交官が実施!
    受験に向けた具体的な勉強の仕方や心構えなど、元外交官である原田武夫からのアドヴァイスを伝えます。

“公”の場で活躍すべく高い志を持ったあなたに!

「“公”の場で活躍するグローバル人財、グローバル・リーダー」を目指す、
高い志と熱い情熱をもった皆さん、是非このスクールで学びませんか?

「グローバル人財プレップ・スクール」東京では
「外交官」「国際公務員」「国家公務員キャリア」
を目指す学生の皆さんからの応募をお待ちしています。

期間・回数等

通年(2013年5月~2014年3月)、月2回、全20講

対象者

  • 同スクール全講義に参加可能であること
  • 大学・大学院生(受講期間中に現役の学生であること)

※参加に当たっては入門試験による選考を行います。

お申込み締切日

2013年度の募集は終了いたしました。

入門試験

今年度は真に「精鋭」である皆さんに対しての特別開講とするため、申込締切後、論述試験による選考を行います。
以下の3冊の本のいずれかを必ず読んだ上で受験してください。

試験実施日時

4月24日(水)18:00~19:30
(4月26(金)18:00~19:30 ※参加希望人数が多い場合実施)

※参加希望人数が多い場合には4月26(金)にも実施する予定です。

試験実施場所

IISIAオフィス・セミナールーム
〒186-0002 東京都国立市東1-4-15 国立KTビル6階
google mapで地図を見る

課題図書
  • 『ジャパン・シフト 仕掛けられたバブルが日本を襲う』(徳間書店)
  • 『仕掛け、壊し、奪い去るアメリカの論理』(ブックマン社)
  • 『騙すアメリカ 騙される日本』(ちくま新書)

(いずれも著者はRIJAG代表理事/IISIA代表・原田武夫)

選考結果発表

4月30日(火) 試験受験者の内、評点の高い方15名を合格とし、通知いたします。
なお結果は不合格者にもその旨メールにて通知いたします。

※上記に加え、中間試験(9月)、修了試験(2014年3月)を実施することで、レヴェルの高いクラス編成を行います。

シラバス/スケジュール

「イントロダクション」

  【講師】RIJAG代表理事/IISIA代表・原田武夫(以下同じ)
  【場所】株式会社原田武夫国際戦略情報研究所 セミナールーム(以下同じ)
  【課題図書】原田武夫『「日本バブル」の正体 なぜ世界のマネーは日本に向かうのか』(東洋経済新報社)
  ・第1講 5月7日(火)18:00~20:00(以下、時間同じ)

(5月:eラーニング・プログラムを提供予定(必修))

「国家とは何か」

  【課題図書】原田武夫『国家の読み解き方 憲法学という教養』(勁草書房)
  ・第2講 5月21日(火)
  ・第3講 6月4日(火)
  ・第4講 6月25日(火)

「外交とは何か」

  【課題図書】原田武夫『アメリカ秘密公電漏洩事件 ウィキリークスという対日最終戦争』(講談社)
  ・第5講 7月2日(火)
  ・第6講 7月17日(水)
  ・第7講 7月30日(火)
  ・第8講 8月6日(火)

(9月 中間試験並びに参加学生が主体的に準備・実施する「合宿セミナー」(飛騨高山)の実施を予定しています)

「金融資本主義とは何か」

  【課題図書】原田武夫『世界通貨戦争後の支配者たち』(小学館)
  ・第9講  10月16日(水)
  ・第10講 10月22日(火)
  ・第11講 11月5日(火)

特別講義 11月中旬(予定)

  ゲスト講師による講義
  【講師】中央官庁 幹部職員への依頼を予定

「欧州とは何か」

  【課題図書】ハーバート・ファイス『帝国主義外交と国際金融』(筑摩書房)
  ・第12講 11月19日(火)
  ・第13講 12月3日(火)
  ・第14講 12月17日(火)

「アメリカとは何か」

  【課題図書】三谷太一郎『ウォール・ストリートと極東 政治における国際金融資本』(東京大学出版会)
  ・第15講 2014年1月7日(火)
  ・第16講 2014年1月21日(火)
  ・第17講 2014年2月4日(火)

「日本とは何か」

  【課題図書】吉田敦彦『日本神話のなりたち』(青土社)
  ・第18講 2014年2月25日(火)
  ・第19講 2014年3月4日(火)

「真の“公”を目指して」

  ・第20講 2014年3月18日(火)

(3月 修了試験を実施)

※諸般の事情により日程、講義内容は変更となる場合があります
※課題図書は上記掲載のものに加え2~3冊(英文図書を含む)程度を予定しています

ご不明点等は「お問い合わせフォーム」からお気軽にお問い合わせください。

「グローバル人財プレップ・スクール」の運営について

「グローバル人財プレップ・スクール」は、IISIAの会員制サーヴィス「原田武夫ゲマインシャフト」の会費から生じる利益の約50%の中から、社会貢献事業の一貫として運営させて頂いています。また賛助会員制度「立柱創史会」にも同様にご支援を頂いております。

名古屋・福岡など、地方での開催は2013年秋以降を予定しています(2013年3月現在)。
このページ上で随時お知らせいたします。

Comments are closed.