東京エリア(2012年度)

期間・回数等

通年(2012年4月~2013年3月)、月2回、全20講
(基本的には火曜日・19:00~21:00予定)

対象者

・同スクール全講義に参加可能であること
・大学・大学院生(受講期間中に現役の学生であること)

お申込み締切日

2012年4月23日(月)正午(12:00)
※2012年度・東京のお申込み受付は終了いたしました。

第1講(開講式)

日時: 2012年4月24日(火)19:00~20:30
会場: 六本木アカデミーヒルズ49コラボレーションルーム1+2
内容: オリエンテーション、英語演習 他
※4月24日(火)第1講・会場にて「読書課題」を回収いたします。
 指定の解答用紙に必ず「直筆で」ご記入の上、会場にお持ちください。
※諸事情により開催場所・内容・日程が変更となる可能性がございます。
※人数制限の都合上、選考がございます。あらかじめご了承下さい。

東京:シラバス/スケジュール

同スクールの期間中に、座学、課題図書の要約・考察発表、
グループ・ワークでの「政策課題」への取組みを行います。

※特別講義を除き、IISIA代表・原田武夫が講師を務めます。
※2講以降の会場は、特別講義を除きIISIA(国立オフィス)セミナールームです。

第1講 4月24日(火) 19:00~20:30

イントロダクション「なぜ今、我が国はグローバル人財を求めているのか?」
・神渡 良平『安岡正篤 人生を拓く』(講談社プラスアルファ新書)
場所:六本木アカデミーヒルズ49コラボレーションルーム1+2

第2講 5月8日(火) 19:00~21:00

「情報リテラシーとは何か(総論)」
“情報リテラシー(information literacy)”を近隣概念と比較し説明いたします。
この後の授業形態(課題図書の輪読+プレゼン課題)のガイダンスをいたします。

第3講 5月22日(火) 19:00~21:00

「巨人たちの足跡(その1):出光佐三」
・出光興産株式会社店主室編『ペルシャ湾上の日章丸』(ダイヤモンド社)
・高倉秀二『士魂商才 実録・出光佐三』(ダイヤモンド社)

第4講 6月5日(火) 19:00~21:00

「巨人たちの足跡(その2):松永安佐エ門」
・橘川武郎『日本電力業の発展と松永安左エ門』(名古屋大学出版会)
・William J. Hausman, “Global Electrification”

特別講義 6月12日(火) 19:00~20:30

テーマ:ゲスト講師による講義
講師:日本ソフト開発株式会社
   代表取締役社長 藤田義嗣様
場所:東京ステーションコンファレンス 503A

第5講 6月19日(火) 19:00~21:00

「巨人たちの足跡(その3):笹川良一・中山素平」
・工藤美代子『悪名の棺 笹川良一伝』(幻冬舎)
・高杉良『小説 日本興業銀行 第一部~第五部』

第6講 7月10日(火) 19:00~21:00

「巨人たちの足跡(その4):安田善次郎」
・矢野竜渓『安田善次郎伝』(中公文庫)
・由井常彦編『日本財閥経営史 安田財閥』(日本経済新聞社)

第7講 7月24日(火) 19:00~21:00

「インテリジェンスの世界」
・Loch K. Jonson (edited), “Handbook of Intelligence Studies”
・北岡元『インテリジェンスの歴史』(慶応義塾大学出版会)
・野田敬生『諜報機関に騙されるな!』(ちくま新書)
・『アメリカ情報機関の全貌』(軍事研究2006年7月号別冊)Japan Military Review

第8講 8月7日(火) 19:00~21:00

「メディアとは何か?」
・ロバート・B・チャルディーニ『影響力の武器』(誠信書房)
・アンソニー・プラトカニス他『プロパガンダ』(誠信書房)
・山本武利『占領期メディア分析』(法政大学出版局)
・今西光男『占領期の朝日新聞と戦争責任』(朝日新聞社)

第9講 10月2日(火) 19:00~21:00

「グローバル・マクロとは何か?」
・Stephen Birmingham, “The Grandees. America’s Sephardic Elite”
・Shelley A. Stark, “Hidden Treuhand”
・浅海信行『世界不況を乗り越える韓国・台湾・中国企業』(勁草書房)

第10講 11月6日(火) 19:00~21:00

「シナリオ・プランニングの世界(その1)」
・沼上幹『経営戦略の思考法』(日本経済新聞出版社)
・浜田和幸『知的未来学入門』(新潮選書)
・Peter Schwartz, “The Art of the Long View”

特別講義 11月13日(火) 19:00~20:30

テーマ:ゲスト講師による講義
講師:財務省 大臣官房
   秘書課長 茶谷栄治様
場所:東京ステーションコンファレンス 605A

第11講 11月27日(火) 19:00~21:00

「シナリオ・プランニングの世界(その2)」
・西村行功『シナリオ・シンキング』(ダイヤモンド社)
・ヴァン・デル・ハイデン『シナリオ・プランニング』(ダイヤモンド社)
・シューメーカー『ウォートン流シナリオ・プランニング』

第12講 12月11日(火) 19:00~21:00

「金融資本主義の根幹に迫る(その1)」
・ロン・チャーナウ『モルガン家 上・下』(日経ビジネス人文庫)
・ロックフェラー『ロックフェラー回顧録』(新潮社)

第13講 12月25日(火) 19:00~21:00

「金融資本主義の根幹に迫る(その2)」
・Klaus W. Bender, “Moneymakers”
・水野和夫『人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか』(日本経済新聞出版社)
・ルイス『世紀の空売り』(文藝春秋)

第14講 2013年1月8日(火) 19:00~21:00

「日本資本主義の歴史、そして今」
・立脇和夫『外国銀行と日本』(蒼天社出版)
・三谷太一郎『ウォール・ストリートと極東』(東京大学出版会)
・岩武照彦『近代中国通貨統一史』(みすず書房)
・ミラー『日本経済を殲滅せよ』(新潮社)
・中川靖造『海軍技術研究所』(日本経済新聞社)
・伊集院丈『雲を掴め』(日本経済新聞出版社)

第15講 2013年1月22日(火) 19:00~21:00

「ユダヤの歴史を知る」~Global Liberal Arts~
・湯浅赳男『ユダヤ民族経済史』(洋泉社)
・臼杵陽『イスラエル』(岩波新書)
・丸山直起『太平洋戦争と上海のユダヤ難民』(法政大学出版局)
・Robin Shepherd, “A State Beyond the Pale”

第16講 2013年2月5日(火) 19:00~21:00

「私たち日本人とは何者なのか」~Global Liberal Arts~
・中沢新一『精霊の王』(講談社)
・吉田敦彦『日本神話のなりたち』(青土社)
・千田稔『伊勢神宮 東アジアのアマテラス』(中公新書)
・鈴木秀夫『超越者と風土』(原書房)

第17講 2013年2月12日(火) 19:00~21:00

「アメリカとは一体何なのか」
・森孝行『宗教からよむ「アメリカ」』(講談社選書メチエ)
・久保文明編『アメリカ政治を支えるもの』財団法人日本国際問題研究所
・渡辺将人『評伝バラク・オバマ』(集英社)
・ヒラリー・ロダム・クリントン『リビング・ヒストリー ヒラリー・ロダム・クリ
>ントン自伝』(早川書房)

第18講 2013年2月19日(火) 19:00~21:00

「グローバル・アジェンダの“今”を学ぶ」

第19講 2013年3月5日(火) 19:00~21:00

「リーダーシップとシンクロニシティ」
・ジャウォースキー『シンクロニシティ』(英治出版)
・ピート『シンクロニシティ』(朝日出版社)
・ラズロ『コスモス』(講談社)

第20講 2013年3月19日(火) 19:00~21:00

「君たちはどう生きるべきなのか」
全講義の振り返り・総括を行います。

※諸事情により開催場所・内容・日程が変更となる可能性がございます。

Comments are closed.